FC2ブログ
topimage

2019-03

愛犬ガッツの死 - 2019.03.25 Mon

こんにちは。
実家からお預かりしたガッツ君。

昨日我が家でお空に旅立ちました。

おとついの朝からご飯を食べなくなり、
お庭に出しても、座り込む場面が見られ始めました。
IMG_3481.jpg
(亡くなる日の朝↑)
少しづつお迎えが近づいているなと。

そして、夕方お庭に出そうと抱っこしようとすると、
首もグラグラで立つこともできず。

あと数時間の命だなと感じました。

ブルルとガルルも最後のあいさつ。
IMG_3468.jpg
IMG_3478.jpg
最後の3ショット。
IMG_3473.jpg
リビングでガッツに語りかけながら、
さすっているうちに、

「大好きな義母さんのそばに居たかったよね。。。」
と、色んな想いが溢れ涙が止まらない私。

せめてお義母さんの声だけでも聞かせてあげたい。

携帯をスピーカーにして、実家に電話。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2384f.jpg
出たのは大好きなお義母さん。
「ガッツ君⁉︎そんなのいたっけな⁉️」

認知症のお義母さん、愛犬ガッツ君のことも忘れてしまっている。
なんとも辛い現実。

でも声はしっかりガッツに届けられた!
私の「ガッツーガッツーありがとねー」にも確実に首を動かしてくれるガッツ。

穏やかな呼吸が続くので、もう少しこのまま大丈夫かなと、
私、娘とお風呂へ。

その後すぐパパも帰宅。
穏やかなガッツの呼吸を確認し、パパもお風呂へ。

お風呂から出てガッツの元へ行くと、
息をしていない。
引き取る瞬間を一緒にいてあげれなかった!!!涙

最後はとってもいいう○ちとおしっこを失禁してました。
いいう○ちからも本当に最後の最後まで、ご飯食べれてた証拠だなと感動。
IMG_3483.jpg
自分の死期が分かっているかのように、
1日前からご飯水分を取らず、自ら脱水に傾かせることで一番苦しまない自然な死を迎えた。

仕事でも最近、自然な死を迎えられた方が見えた。
不必要な点滴もせず大切な人に囲まれながら迎える本当に穏やかな死。

動物は本能的にどうしたら楽に穏やかに死を迎えられるのか、
そのプロセスを備え持っているなと強く感じました。

我が家に来てから1ヶ月半あまり。

初めは戸惑いもあったけど、
可愛くて仕方なくなったガッツ。
IMG_3431.jpg
プリプリお尻を振って歩く姿はたまらなく可愛い。
IMG_3372.jpg
ガッツ君短い間だったけど。
我が家の大切な家族になってくれてありがとう!!
P1340350.jpg
天国に行ってもずっと大切な家族だからね!!

いつもありがとうがざいます。^^



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

がるぶるmama

Author:がるぶるmama
★ガルル★
フレンチ・ブルドック 女の子
2010年7月9日生まれ

マイペースで小柄ながるる♡甘えん坊ちゃんです♪

☆ブルル☆
フレンチ・ブルドック 男の子
2010年10月23日生まれ

片耳垂れて、愛嬌たっぷりのぶるる。びびりやくんです♪

♡るね♡
今年3月にうまれた待望のベビ。すくすく成長中です♪

いくつになったの

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (155)
旅行 (5)
ハーレー (6)
手作り (23)
日常 (171)
お友達 (16)
お出かけ (40)
るね (27)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する